軽の新車.com

一番乗りたい車に、無理のない支払いを

高速や長距離ドライブが快適な軽自動車とは?

ダイハツタフト  高速道路だけでなく、オフロードや雪道でのロングドライブにもおすすめのダイハツ タフト。アウトドアに出かけるような印象を与えるデザインですが、ダイハツの新車製造システム「DNGA」をベースに、10年先を見据えた性能を実現していますが、最低地上高が190mmとは思えないほどタフな走りをしてくれます。直進安定性やカーブでの安定感も抜群。ターボエンジンはペダルを踏んだ瞬間から軽快な加速感を与えてくれるし、もちろん高速道路でも快適だ。シートはロングドライブでも疲れにくいように設計されており、シートと背もたれに余裕があるのもうれしい。 アプローチ角27度、発進角58度で大きな段差も渡りやすく、片方の車輪がスピンしても駆動力をもう片方の車輪に伝えて抜けやすくする「グリップサポートコントロール」も頼もしい機能だ。タフトは、ダイハツミニ初の電動パーキングブレーキやオートブレーキホールド機能も搭載しているので、公道を長距離運転する人には良い相棒になるでしょう。   というわけで、長距離運転も苦にならない軽自動車&コンパクトカーのモデルをご紹介してきました。購入を検討している方は、このような「長距離走行性能」を意識して選んでみてはいかがでしょうか?また、出発前に睡眠をたっぷりとっておくと、ロングドライブで疲れにくくなるので、ぜひ試してみてくださいね。

 毎日の買い物や送り迎えには、狭い道でも運転しやすい軽自動車を使いたいけれど、たまにはロングドライブも楽しみたい。

 そんな方にぴったりの、ボディサイズは小さいけれど、長距離ドライブを快適にしてくれる快適性と優れた燃費性能を兼ね備えた軽自動車をピックアップします。

 

 スズキスペーシア

 圧倒的なパワーを誇るスズキのターボエンジン搭載のハイブリッドXSターボ。 ISGと呼ばれる電動発電機とリチウムイオンバッテリーを動力源とするマイルドハイブリッドを搭載しており、優れた燃費性能はもちろんのこと、驚くほどの加速感を実現しています。

 スペーシアは、収納スペースが豊富で足を組んでも広々とした後席があるなど、居住空間としては非常に快適なのですが、走行中の安定性の高さも印象に残っています。

 特に最上級グレードのXSターボは、15インチタイヤを履いていて、高速走行でも軽自動車であることを忘れてしまいそうになるほど、いつもしっかりとした剛性感があります。加速しても余裕があるので、ロングドライブでも全く問題ないと思います。

 

三菱eK X(クロス)

「軽自動車ではなく普通車を目指した」と開発者が言うように、初代eKワゴンよりホイールベースを65mm延長した新開発プラットフォームを採用したことで、コンパクトカーに近い乗り心地を実現しています。

 後席の足元の広さも高級セダン「日産フーガ」に匹敵します!エンジンも新開発で、発進加速が大幅に向上したほか、新開発のCVTにより加速が飛躍的にスムーズに感じられ、力強さが増しているのが特徴です。

クロスは、ミニデリカD:5とも言えるクロスオーバーSUV感があります。

 大胆なフロントファシアとブラックアウトしたフェンダーアーチ塗装がワイルドな印象を与えています。

 ミニデリカD:5の最大の魅力は、アクセル、ブレーキ、ステアリングアシスト機能を自動制御して、低速走行から高速巡航まで車両に追従する「マイパイロット」です。

 これにより、長距離走行時の安心感が増すだけでなく、他メーカーではコスト面での制約から軽自動車には通常搭載されていない大容量のパワステシステムを搭載することが可能になりました。

 これはとても贅沢なことで、普段の運転から上質で安心感のある運転感覚を得ることができます。高速道路の渋滞の心配もなく、頻繁にロングドライブをするならeK X(クロス)がおすすめです。

 

ダイハツタフト

 高速道路だけでなく、オフロードや雪道でのロングドライブにもおすすめのダイハツ タフト。アウトドアに出かけるような印象を与えるデザインですが、ダイハツの新車製造システム「DNGA」をベースに、10年先を見据えた性能を実現していますが、最低地上高が190mmとは思えないほどタフな走りをしてくれます。

 直進安定性やカーブでの安定感も抜群。ターボエンジンはペダルを踏んだ瞬間から軽快な加速感を与えてくれるし、もちろん高速道路でも快適です。

 シートはロングドライブでも疲れにくいように設計されており、シートと背もたれに余裕があるのもうれしいですね。
 アプローチ角27度、発進角58度で大きな段差も渡りやすく、片方の車輪がスピンしても駆動力をもう片方の車輪に伝えて抜けやすくする「グリップサポートコントロール」も頼もしい機能です。

 タフトは、ダイハツ軽自動車初の電動パーキングブレーキやオートブレーキホールド機能も搭載していますので、長距離運転する人には良い選択肢になるでしょう。

 

まとめ

 長距離運転も苦にならない軽自動車のモデルをご紹介してきました。購入を検討している方は、このような「長距離走行性能」を意識して選んでみてはいかがでしょうか?

 

会社概要

f:id:actjapan1929:20200531181258p:plain

お気軽にリースや残クレについてもお問い合わせください。

f:id:actjapan1929:20200602120516j:plain

ライフスタイルに合ったご提案が得意です!

f:id:actjapan1929:20200602120613j:plain

 私たちの試行錯誤と思い

 お客様の評価を確認

f:id:actjapan1929:20200531201744j:plain

 

あなたは本体値引き派それとも支払総額派?

ローン総額を100%表示するアクトジャパンでは、保証のない未使用車のように本体値引き表示は行っておりません。

ローン総額表示による地域最安値を実現し、毎月の家計に無理のないカーライフをご提案しております。

「どうしようか?」が「よかった!」に変わる・軽の新車.com  

f:id:actjapan1929:20200531184134j:plain 

 


アクトジャパン株式会社 2029年 100年企業