軽の新車.com

一番乗りたい車に、無理のない支払いを

コレだけ知ってれば軽自動車「チャイルドシート選び」に迷わない

子供を車に乗せるときはチャイルドシートが必要です。昨今は選択肢が多く、安全基準や設置方法をよくチェックしているので迷ってしまいます。そこで、軽自動車に搭載するチャイルドシートを選ぶ際のポイントと、おすすめのチャイルドシートをご紹介します。

 子供を車に乗せるときはチャイルドシートが必要です。

 昨今は選択肢が多く、安全基準や設置方法をよくチェックしているので迷ってしまいます。そこで、軽自動車に搭載するチャイルドシートを選ぶ際のポイントと、おすすめのチャイルドシートをご紹介します。

 

 軽自動車用チャイルドシート選びのポイント

チャイルドシートは通常、「対象年齢」と「設置方法」で導入されます。ただし、軽自動車での使用を考慮すると、以下の5点を維持できるチャイルドシートを選択する必要があります。

 サイズと重量 対象年齢 設置方法 安全基準 使いやすさ まず、これら5つのポイントで「何を探すべきか」を確認しましょう。

 

ポイント① サイズ・重さ

軽自動車の内部、特に車の幅と長さは、普通の車よりも小さいです。 見落とされがちなことの1つは、後ろ向きリクライニング座席に使用したときの傾きです。可能であれば、サンプル製品を車に取り付けて、思ったよりも多くのスペースを占有します。同じモデルの人からのレビューをインターネットで検索することもできます。

 チャイルドシートが大きいと隣のシートに圧迫感を与えたり、リクライナーが使えなくなったりする場合があります。これを防ぐために、サイズと重量のガイドとして以下を使用してください。

 

幅は約43cmに縮小されていますか

子供が大きくなっても頭上の余裕は充分にありますか、狭くはないでしょうか

 後ろ向きにリクライニングしても余裕を持って倒せることができますか

 持ち運びに便利ですか(※5kgが持ち運びに便利な目安です)

 

ポイント② 安全基準

 安全基準は、子供たちの生命を左右するため、私たちが遵守しなければならないものです。 最初に確認するのは、国土交通省によって認定された「Eマーク」(=「ECE-R44」または「ECE-R129」はヨーロッパの安全基準に合格することを意味します)を取得することです。

 インターネットで販売されている特定の安価なチャイルドシートが安全であるという保証はありませんのでご注意ください。

 安全性にもっと気を配るなら、ドイツの「ADACテスト」の評価結果やホームチャイルドシートの評価もチェックする必要があります。

ポイント③ 取り付け方式

 チャイルドシートの固定方法は「3点シートベルト」と「ISO-FIX」の2つです。

 まず、「私の車はISO-FIXと互換性があるかどうか?」を確認しましょう。

 3点シートベルト固定装置をご使用の際は、取扱説明書または取扱説明書をご参照ください。 また、さまざまな車で使用したい場合は、ISO-FIXと3点シートベルト固定の両方に対応したものを選択する必要があります。

 

3点シートベルト:どの車にも使用できますが、正しい固定方法をできない人もいます

ISO-FIX:取り付けが簡単で、2012年7月より前に販売された車では使用できない場合でも、金具をシートに挿入するだけです。

ポイント④ 対象年齢

 チャイルドシートには対象年齢があります。大まかに次の3つの期間に分けられ、1つの期間のみに対応するものと、すべての期間に対応するものがあります。

ベビーシート(新生児~1歳ごろ)
チャイルドシート(1~4歳ごろ)
ジュニアシート(4~11歳ごろ)

 それぞれ使用時間が短いということは、そのときの子供の成長に合わせて調達できるということでもあります。兄弟がいる場合は再利用できますので、使いたい時期と頻度を考えて、対象年齢に合ったものを選んでください。

ポイント⑤ 使い勝手

 親にとっても取り付けやすく、取り外しも煩わしくないように、以下の点に留意すれば、ストレスを軽減できます。

子どもを起こさずにリクライニングできる
回転式で乗り降りさせやすい
ウォッシャブルで汚したときにも安心
通気性が良く、汚れにくい
 いくつかの候補で迷ったら、使い勝手の差で選ぶと良いでしょう。

 

おすすめのチャイルドシート

おすすめはレッタス

 新生児から12歳頃まで使えて、また取り付け方式もISOFIXにも3点式シートベルトにも対応しているチャイルドシート。

 やや重たいのがデメリットですが、子どもの年齢や車種を問わず使えるため「あまり利用機会はないけれど、とりあえず1つは必要」という人にお勧めです。

 回転式、側面からの衝撃保護システム搭載、高さの調整可能、4段階リクライニングなど使い勝手も上々。有名メーカーではありませんが、安全基準(ECE-R44)を満たしており、レビューでも高く評価されています。

ベッドタイプに変身できる「ディアターンプラスISOFIX AB」

 Applicaは、ベビーシートやチャイルドシートのメーカーとして高い評価を得ています。対象年齢は4歳頃までと限られていますが、ベッド型にもイス型にもなるので、首が座らない新生児を寝かせることが魅力です。

 回転式なので子どもを乗せ降ろしも苦労することなく、「首が座らないけれどクルマに乗せたい」という場合に便利です。

会社概要

f:id:actjapan1929:20200531181258p:plain

お気軽にリースや残クレについてもお問い合わせください。

f:id:actjapan1929:20200602120516j:plain

ライフスタイルに合ったご提案が得意です!

f:id:actjapan1929:20200602120613j:plain

 私たちの試行錯誤と思い

 お客様の評価を確認

f:id:actjapan1929:20200531201744j:plain

 

あなたは本体値引き派それとも支払総額派?

ローン総額を100%表示するアクトジャパンでは、保証のない未使用車のように本体値引き表示は行っておりません。

ローン総額表示による地域最安値を実現し、毎月の家計に無理のないカーライフをご提案しております。

「どうしようか?」が「よかった!」に変わる・軽の新車.com  

f:id:actjapan1929:20200531184134j:plain 

 


アクトジャパン株式会社 2029年 100年企業