軽の新車.com

一番乗りたい車に、無理のない支払いを

マイカーリースとKINTOの違い、わかる?

f:id:actjapan1929:20200927143943j:plain

 最近、トヨタのCMで目にする機会が増えた「KINTO(キント)」。実はクルマのサブスクです。

 カーリースとどこが違うのかよくわからない。ズバリその違いは、任意保険がコミコミで料金提示しているのがKINTOです。それぞれのメリットとデメリット、加えてどんなカーライフに向いているのかを分かりやすく解説します。

 

KINTOとマイカーリース

トヨタ「KINTO」に代表されるクルマの「サブスク」。以前からオリックスに代表される「カーリース」も、従来は法人カーリースが主体で、個人向けのマイカーリースが流行して5年以上経過し、個人の選択肢として現金・ローン・残クレと並んでいます。

 実はKINTOとマイカーリース、全く別物という訳ではありません。というのも、以下のようにサービスのどの側面をアピールしているからが異なるからです。

サブスク(サブスクリプション)とはもともと「(健康食品などの)定期購読」の意味で、定期的に料金を支払って利用するサービスを指します。他方でカーリースとは「長期間にわたって借りる」ことを意味しているため、この2つのサービスの違いは、実際には曖昧です。

料金体系とサービス内容

このように「全く別物」とは言い切れないカーリースとKINTOのサービスですが、KINTOの方が「より気軽に、簡潔に利用し始められる」ことをアピールしています。

 傾向として次のようなポイントが挙げられます。

KINTOの方が月々の支払い料金が高く、サービス内容に含まれるものが多い
マイカーリースの方が月々の料金は安く、サービス内容に含まれるものが少ない

 KINTOの方が手続きや選択の手間が省けますが、自分で選べないので時に必要以上のサービスがついている場合もあります。カーリースの場合は自分で決めることが多いですが、その分、自分に必要なものを取捨選択しやすい傾向があります。

料金に含まれるサービス内容の具体例

 具体的には、それぞれ以下のような内容を含むことが多いです。

自動車税
重量税
自賠責保険 
任意保険(KINTOのみ)
車検
修理・メンテナンス 

 各サービスプランによっても含まれている内容が大きく異なるので、「こういうサービスが多い」という一般的な傾向であることに注意してください。

一番大きな差は「任意保険」

 KINTOの場合には任意保険がついていますので手続きが不要になる一方で、保険会社や補償を自分で選ぶことができません。また契約者がサービス会社になるため、これまでの任意保険の等級も引き継げません。

 そのためメリットを受ける人が明確です。

 ※どんな補償をつけていいか分からない

 ※若くて運転歴も浅いから、自分で入ると保険料が高い

という人にとってはメリットが大きいです。

反対に

 ※自分で過不足なく補償を選びたい

 ※今までも保険料はかなり安く済んでいた

という人には向いていません。

事故の際の対応

任意保険の補償内容とも関連しますが、各会社・プランによって差が出やすいのが事故の時の対応です。以下それぞれのケースで、費用が発生するのかを確認しておきましょう。

 ※修理が必要になった場合
 ※事故で廃車にすることになった場合

 例えば事故で廃車になった場合、残り期間の費用を全て払った上で契約終了になるプランや、任意保険の車両保険でカバーできるので全損事故でも自己負担なしというプランもあります。

「KINTOか、マイカーリースか」という違いというよりはプランで差が出るポイントですので、忘れずにチェックするようにしましょう。

 

会社概要

f:id:actjapan1929:20200531181258p:plain

お気軽にリースや残クレについてもお問い合わせください。

f:id:actjapan1929:20200602120516j:plain

ライフスタイルに合ったご提案が得意です!

f:id:actjapan1929:20200602120613j:plain

 私たちの試行錯誤と思い

 お客様の評価を確認

f:id:actjapan1929:20200531201744j:plain

 

あなたは本体値引き派それとも支払総額派?

ローン総額を100%表示するアクトジャパンでは、保証のない未使用車のように本体値引き表示は行っておりません。

ローン総額表示による地域最安値を実現し、毎月の家計に無理のないカーライフをご提案しております。

「どうしようか?」が「よかった!」に変わる・軽の新車.com  

f:id:actjapan1929:20200531181439p:plain

 

f:id:actjapan1929:20200531184134j:plain 

 


アクトジャパン株式会社 2029年 100年企業