軽の新車.com

一番乗りたい車に、無理のない支払いを

グレード選び タフト編 2020年夏

日常とレジャーの両方、オンとオフに使えるタフトです

今日は日常やレジャーで幅広く使える新型軽クロスオーバーSUV「タフト」(型式 LA900S LA910S)について、グレードごとにどのような仕様の違いやオプションがあるかをわかりやすく解説します。

タフトのグレードの特徴を見極め、欲しい装備やこれだけは必要と決めた機能が過不足なく搭載されているグレードを選ぶことが満足するカーライフを送るための第一歩ともいえます。

たくさんの荷物を詰め込みながら、両手が使えるバックパックのような利便性をカジュアルにまとめ上げたタフト。

たくさんの魅力を詰め込んだ新型タフトです!

 

 タフトのグレードラインアップ

タフトでは自然吸気(NA)エンジンと軽自動車規格の最高出力64psを発揮するターボの2種類のエンジンを採用しています。

NAエンジンを搭載するグレードは「X(2WDの価格は135万3000円)」「G(148万5000円)」の2種類をラインアップ、ターボエンジンを搭載するグレードは「Gターボ(160万6000円)」のみ1種類になっています。

 

タフトGはアクトジャパンのおすすめグレード 

 

 

GはXに比べて13万2000円高くなりますが、アダプティブドライビングビーム、アルミホイール、ルーフレール、スーパーUV&IRカットガラスなど18万円相当の装備が付いています。

GターボはGに比べて12万1000円高くなり、Gターボにはターボと併せて運転支援機能も加わっています。

このオプション価格は前述の4万4000円ですので、ターボの価格は実質7万7000円と考えていいと思います。

現在のCVTは、ターボでも燃費がほとんど悪化しませんので、実質価格が7万7000円なら割安と判断できます。ちなみにWLTCモード燃費はNAエンジンが20.5km/L、ターボが20.2km/Lです。

街中を中心に走るならG、峠道を登ったり高速道路を使う機会が多い場合はGターボを選ぶのがおススメです。

4WDの場合、車両重量が50kg増の880kgになりますので、動力性能が高まるターボが効果を発揮します。


タフトの装備内容

タフトは開放感にあふれた新感覚のSUV

新型タフトはSUVらしい力強いデザインを備えながらも、街中でも違和感のないファッショナブルな軽SUVです。

移動を楽しむための前席「クルースペース」と、高い利便性を備えた後席「フレキシブルスペース」のふたつの用途を分けた新コンセプトを採用し、より便利に使えるように仕上がっています。

SUVを象徴する大径タイヤと190mmの最低地上高に加え、力強い真四角ボディを備えSUVとしての走行性能だけでなく、高い視点と見切りの良さで市街地走行での安全運転をサポートします!

グレードごとにタフトの内装をWATCH

タフトはインテリアのデザインも特徴的です。頭上に広がる大型のガラスルーフ「スカイフィールトップ」は全車標準装備ですので驚きです。

タフトはインテリアのデザインも特徴的です。頭上に広がる大型のガラスルーフ「スカイフィールトップ」は全車標準装備ですので驚きです。

夏の日差しが強い国内はガラスルーフはあまり好まれず、市販されている軽自動車やコンパクトカーで、サンルーフやガラスルーフの設定があるクルマはほぼ皆無です。

それでもなおスカイフィールトップを装備するのですから、メーカーの開発コンセプトに強いこだわりがあると考えられます。


必要十分な装備をそろえたエントリーグレードの「X」

このグレードは最も価格が安いモデルですが、UVカット・フロントドアガラス マニュアルレベリング機能付LEDヘッドランプ・ウレタンステアリングホイール・マルチインフォメーションディスプレイ・オートハイビームを標準装備し、廉価グレードであっても近年の軽自動車の標準となる装備内容です。

このグレードは最も価格が安いモデルですが、衝突被害軽減ブレーキ・UVカット・フロントドアガラス・サイド&カーテンエアバッグ・電動パーキングブレーキ・マニュアルレベリング機能付LEDヘッドランプ・ウレタンステアリングホイール・マルチインフォメーションディスプレイ・オートハイビームを標準装備し、廉価グレードであっても近年の軽自動車の標準となる装備内容です。

なお、足回りはスチールホイール仕様になっています。

快適装備が充実する「G 」

スーパーUV&IRカット・フロントドアガラス・ルーフレール・オートレベリング機能付LEDヘッドランプ・本革巻ステアリングホイール・フロントセンターアームレスト・運転席・助手席シートヒーター・助手席シートアンダートレイ・TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ・タコメーター・標識認識機能・アダプティブドライビングビーム・リバース連動リヤワイパー・ウェルカムドアロック解除・Dアシスト切替ステアリングスイッチ・アルミホイールなど、快適性や実用性が増したグレードに仕上がっています。

Gにプラスされた装備の中で、アダプティブドライビングビームは、対向車や先行車を検知すると、ハイビーム状態を保ちながら複数あるLEDのいくつかを消灯して相手車両の眩惑を抑える。

ターボエンジンを搭載する「Gターボ 」

最高出力64psを発揮するターボエンジンを搭載するこのグレードの標準モデル「Gターボ」では、「G」の装備内容に加え全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール・レーンキープコントロールが標準装備になります。

特質すべきは、車間距離を自動制御可能な全車速追従機能付きクルーズコントロールと、車線の中央を走りやすいようにパワーステアリングを制御するレーンキープコントロールです。


アクトジャパンのタフトおすすめグレードは「G」

新型タフトのグレード展開は基本的に3タイプですが、その中からコストパフォーマンス重視でおススメを選ぶなら、中間グレードの「G」です。

廉価グレードのXと比べ、価格差以上に装備が充実しているので、むしろGの方がお買い得になっています。

シートヒーターやフロントドアガラスのスーパーUV&IRカット機能などの快適装備は、Xには付きません。

また、本革巻ステアリングやタコメーター、フロントセンターアームレスト、リバース連動リヤワイパー、アルミホイールなどが付くのもGグレードからです。

GはXより約13万円高価ですが、13万円分以上に装備が充実しています。

上級のGターボと比べると、高速道路での余裕や安全装備で差がありますが、一般道メインで使うなら価格が安いGの方がお得です。

 

タフトのグレード選び「よくある質問」

タフトのグレードラインアップは?

タフトではNAエンジンとターボエンジンの2つのエンジンを採用しています。NAエンジンを搭載するグレードは「X」「G」の2種類、ターボエンジンを搭載するグレードは「Gターボ 」の1種類です。いずれのグレードにも2WD、4WDがあります。

タフトのグレード選びのポイントはどうやっらいい?

タフトでは、廉価モデルの「X」と中間モデル「G」では装備内容が大幅に異なっています。価格の差と装備の差を自分のカーライフコンセプトと照らし合わせて、まずどちらのモデルにするのかを決めることをおすすめします。

その上でターボエンジンの必要性、快適装備の充実度などを考慮してグレードを選択するといいですよ。

タフトのおすすめグレードは?

コストパフォーマンス重視でおススメを選ぶなら、中間グレードの「G」です。

廉価グレードのXと比べ、価格差以上に装備が充実しているので、むしろGの方がお買い得になっています。GはXより約13万円高価ですが、13万円分以上に装備が充実しています。

上級のGターボと比べると、高速道路での余裕や安全装備で差がありますが、一般道メインで使うなら価格が安いGの方がお得です。

会社概要

f:id:actjapan1929:20200531181258p:plain

お気軽にリースや残クレについてもお問い合わせください。

f:id:actjapan1929:20200602120516j:plain

ライフスタイルに合ったご提案が得意です!

f:id:actjapan1929:20200602120613j:plain

 私たちの試行錯誤と思い

 お客様の評価を確認

f:id:actjapan1929:20200531201744j:plain

 

あなたは本体値引き派それとも支払総額派?

ローン総額を100%表示するアクトジャパンでは、保証のない未使用車のように本体値引き表示は行っておりません。

ローン総額表示による地域最安値を実現し、毎月の家計に無理のないカーライフをご提案しております。

「どうしようか?」が「よかった!」に変わる・軽の新車.com  

f:id:actjapan1929:20200531181439p:plain

 

f:id:actjapan1929:20200531184134j:plain 

 


アクトジャパン株式会社 2029年 100年企業