軽の新車.com

一番乗りたい車に、無理のない支払いを

タントの安全性能を徹底解説!2020年夏

タントの安全性能を徹底解説!

今日はダイハツ「タント」(型式 LA650S LA660S)の安全性能についてしっかりと確認しておきます。

現在、車にはなくてはならない機能といえる衝突被害軽減(自動)ブレーキは、被害を軽減してくれたり、衝突事故の危険を減らしてくれる重要な機能です。

ペダルの踏み間違いによる飛び出し防止や車の先進安全機能は車線内走行をサポートする機能などさまざまなものがありますが、先進安全機能のレベルは日進月歩で改善が図られており、車種によって大きく異なっているのが現状です。

 

 

タントの安全性能に関する特徴

タントは「次世代スマートアシスト」第1弾モデルです。
ダイハツには予防安全機能の総称である「スマートアシスト」があります。新型タントには、新世代の予防安全技術「次世代スマートアシスト」が搭載されたことで話題を呼びました。

新型タントには「サポカーSワイド」の認定に必要な機能がすべてそろっています。加えてプラスアルファの安全機能を搭載していますので、家族みんなが安心して使用できます。

車線逸脱抑制制御機能やブレーキ制御機能つきのペダル踏み間違い時加速抑制装置、標識認識機能などを搭載

具体的な機能として、車線逸脱抑制制御機能やブレーキ制御機能つきのペダル踏み間違い時加速抑制装置、標識認識機能などを搭載した「次世代スマートアシスト」は、タント全車に標準装備(「L」にのみレス仕様あり)しています。

 

「次世代スマートアシスト」の内容

「次世代スマートアシスト」の内容

タントに搭載しているダイハツの予防安全機能「次世代スマートアシスト」にはどのような先進安全機能を搭載しているのか、より詳しく見ていきます。

 

 

標識認識機能(進入禁止)

約60km/h以内で走行中に、進入禁止の標識をステレオカメラが検知するとメーター内表示でお知らせします。高速道路のサービスエリア出口や、一方通行の多い都市部などで役立ちます

約60km/h以内で走行中に、進入禁止の標識をステレオカメラが検知するとメーター内表示でお知らせします。高速道路のサービスエリア出口や、一方通行の多い都市部などで役立ちます。

 コーナーセンサー

コーナーセンサーをクルマの前後に装備。障害物までの距離に応じて警告音を変えてお知らせ。縦列駐車時や駐車場・車庫などでの取り回しをサポートします。

フロントとリヤに2個ずつ装備されたコーナーセンサーが前後の障害物を検知し、障害物との距離に応じて警告音を変化させてドライバーに障害物との接近を知らせます。

縦列駐車や車庫入れの際に活躍する機能です。

ブレーキ制御つき誤発進抑制機能(前方・後方 )

進行方向に壁などの障害物を検知している状態で、アクセルを強く踏み込むとシステムが踏み間違いを判定し、音と表示で警告を発すると同時にエンジン出力を抑制します。

進行方向に壁などの障害物を検知している状態で、アクセルを強く踏み込むとシステムが踏み間違いを判定し、音と表示で警告を発すると同時にエンジン出力を抑制

障害物に衝突する恐れがある場合はさらに緊急ブレーキを作動させて、急加速や急発進を防ぎます。

障害物に衝突する恐れがある場合はさらに緊急ブレーキを作動させて、急加速や急発進を防ぎます。

エンジン出力抑制だけでなく、ブレーキ制御機能がついているのでより安心です。

衝突警報機能/衝突回避支援ブレーキ機能

システムが前方の車両や歩行者を検知して、自車と衝突の危険があると判断すると警報を発してドライバーに注意喚起を行います。

さらに衝突のおそれが高まると、弱いブレーキ(事前ブレーキ)を作動させて衝突の回避を図ります。

システムが前方の車両や歩行者を検知して、自車と衝突の危険があると判断すると警報を発してドライバーに注意喚起を行います。

事前ブレーキが作動している状態でドライバーがブレーキペダルを踏むと、ブレーキ踏力をアシストして制動力をアップ。

それでも衝突が避けられないとシステムが判断すると、強い緊急ブレーキをかけて衝突の回避・被害軽減をサポートする機能です。

事前ブレーキが作動している状態でドライバーがブレーキペダルを踏むと、ブレーキ踏力をアシストして制動力をアップ。

衝突回避支援ブレーキ機能は対車両では約4~80km/hで走行時、対歩行者では約4~50km/hで走行時に作動します。

検知対象は車両と昼間の歩行者で、前方約60m以内の車両、前方約30m以内の歩行者の検知が可能です。夜間の歩行者検知はできません。

車線逸脱警報機能/車線逸脱抑制制御機能

 約60km/h以上で走行時にシステムが車線を検知し、車両が車線からはみ出しそうになると音と表示でドライバーに注意喚起します。

同時にステアリング操作をアシストし、ドライバーの回避操作をサポートして車線逸脱を防ぐ機能です。

先行車発進お知らせ機能

信号待ちなどでブレーキペダルを踏んで停止している際、先行車が約3m以上進んでも自車が発進しない場合に、音と表示でドライバーに先行車の発進を知らせ、出遅れを防ぎます。前方約10m以内の先行車の認識が可能です。

信号待ちなどで前のクルマが発進したことに気づかない時、ブザー音とメーター内表示でお知らせします。

タントはスモールサイズで高い衝突安全性能を実現。

フロントサイドメンバーを高効率エネルギー吸収構造とするとともに、最適化・合理化を極めた骨格構造により、軽量化を図りながら衝撃吸収性能の向上や強固なキャビンを実現したボディに仕上がっています。

国内および欧州の衝突安全基準を、余裕を持ってクリアしたのはもちろん、世界で実施されている厳しい試験法を取り入れた衝突実験でも十分な生存空間を確保しています。

さらにダイハツでは、多様な交通事故を考慮して独自の目標を設定し、高い衝突安全性能をめざしています。

 

新型タントは運転席側と同等の強度・剛性を確保。

ピラー内蔵スライドドア  フロントドア後端部とリヤスライドドア前端部に、通常鋼板の3倍以上の強度を持つ「超高張力鋼板」を使用したピラーを内蔵。フロントドアの上下と、リヤスライドドアにロックを配置し、ボディとしっかり結合することで、ドアがピラーの役割を果たし、ピラーのある運転席側と同等の強度・剛性を確保しました。さらに、フロントドア、リヤスライドドアにインパクトビームを配置。乗員への衝撃を緩和します。

フロントドア後端部とリヤスライドドア前端部に、通常鋼板の3倍以上の強度を持つ「超高張力鋼板」を使用したピラーを内蔵しています。

フロントドアの上下と、リヤスライドドアにロックを配置し、ボディとしっかり結合することで、ドアがピラーの役割を果たし、ピラーのある運転席側と同等の強度・剛性を確保。

さらに、フロントドア、リヤスライドドアにインパクトビームを配置。乗員への衝撃を緩和します。

 

SRSエアバッグ

SRSエアバッグ  6つのエアバッグにより前からの強い衝撃時に、乗員の頭部、胸部への重大な傷害を軽減するだけでなく、車両側方からの衝撃も緩和します。

6つのエアバッグにより前からの強い衝撃時に、乗員の頭部、胸部への重大な傷害を軽減するだけでなく、車両側方からの衝撃も緩和します。

ISOFIX対応チャイルドシート固定バー

ISOFIX対応チャイルドシート固定バー&トップテザーアンカー(後席)  チャイルドシートをワンタッチで着脱、確実に固定でき、衝突時の前方回転を抑えられます。チャイルドシートを装着した状態でのシートスライドも可能です。

チャイルドシートをワンタッチで着脱、確実に固定でき、衝突時の前方回転を抑えられます。チャイルドシートを装着した状態でのシートスライドも可能です。

高い安全性能を持つタントは「次世代スマートアシスト」を搭載

タントはダイハツの最新の予防安全機能「次世代スマートアシスト」を搭載し、充実した先進安全機能を搭載していることが特徴です。

さらにオプションを追加した場合、軽自動車トップクラスの安全機能や運転支援機能を備えることになるので、高いレベルの安全性能を求める方にも満足いただけるモデルであるといってもいいでしょう。

オプションは全グレードに設定されているわけではないので、オプションの追加を考えている際はその点も考慮に入れてグレードを選んでください。

 

タントの安全性能についてよくある質問

タントの先進安全機能はエントリーグレードでも装備されていますか?

タントにはダイハツの最新の予防安全機能「次世代スマートアシスト」がエントリーグレードを含め全車標準装備です。

最もお手軽な価格の「L」グレードのみ「次世代スマートアシスト」のレス仕様の設定も用意されています。

タントの先進安全機能と呼ばれるものにはどんなものがありますか?

障害物の接近を知らせる「コーナーセンサー」を始めとして、ペダル踏み間違い時の飛び出しを防ぐ「ブレーキ制御つき誤発進抑制機能」、歩行者と車両を検知して衝突の危険があると自動ブレーキを作動させる「衝突回避支援ブレーキ機能」、車線逸脱抑制をサポートする「車線逸脱抑制制御機能」や自動でハイビームとロービームを切り替える「オートハイビーム」などの機能があります。

タントはどのサポカーに該当しますか?

タントの「次世代スマートアシスト」搭載車は、最新の上位サポカーの分類に入ります。

車両と歩行者の検知が可能な衝突被害軽減オートブレーキ、ペダル踏み間違い時加速を抑える装置、車線逸脱警報、先進ライトの搭載が必要な「サポカーSワイド」に認定されています。

会社概要

f:id:actjapan1929:20200531181258p:plain

お気軽にリースや残クレについてもお問い合わせください。

f:id:actjapan1929:20200602120516j:plain

ライフスタイルに合ったご提案が得意です!

f:id:actjapan1929:20200602120613j:plain

 私たちの試行錯誤と思い

 お客様の評価を確認

f:id:actjapan1929:20200531201744j:plain

 

あなたは本体値引き派それとも支払総額派?

ローン総額を100%表示するアクトジャパンでは、保証のない未使用車のように本体値引き表示は行っておりません。

ローン総額表示による地域最安値を実現し、毎月の家計に無理のないカーライフをご提案しております。

「どうしようか?」が「よかった!」に変わる・軽の新車.com  

f:id:actjapan1929:20200531181439p:plain

 

f:id:actjapan1929:20200531184134j:plain 

 


アクトジャパン株式会社 2029年 100年企業