軽の新車.com

一番乗りたい車に、無理のない支払いを

ミラ トコット イチオシは「L“SA Ⅲ“」

ミラ トコットのグレード探し

ミラ トコットはグレードによって装備内容が異なります。そのため、グレード装備をよく確認せずに外装カラーやインテリア、または価格のみでグレードを選んでしまったり、ディーラーでおすすめされるものをそのまま選んでしまいがちです。

実際に使用したときに「こんなはずじゃなかった!」と不便に感じたり、逆に「あんまり使わないかも?」と無駄に感じる装備があったりなど、買ったあとで後悔することになりかねません。

そのため、グレード選びはカーライフの満足度を左右する車選びの重要なポイントだといえるのです。今日はダイハツ「ミラ トコット」のグレードについて紹介します。

 

 ミラ トコットのグレードラインナップ

ミラ トコットで採用されているトランスミッションはCVTのみで、エンジンは660ccの直列3気筒NAエンジン1種類です。

グレードは「L」「L“SA Ⅲ“」「X”SA Ⅲ“」「G”SA Ⅲ“」というラインナップになっており、価格はこの順で高くなります。

「G”SA Ⅲ“」の装備をグレードダウンし、ベースグレードよりもお買い得な価格設定となっている特別仕様車「G”リミテッドSA Ⅲ“」が売れています。

駆動方式はすべてのグレード、特別仕様車に2WDと4WDが設定されています。

 

グレードごとにミラ トコットを観察する

ミラ トコットのグレードごとの装備内容についてここから見ていきます。

最低限必要な機能ならベースグレード「L」/「L“SA Ⅲ“」

最低限必要な機能ならベースグレード「L」/「L“SA Ⅲ“」

ベースグレードとなる「L」/「L“SA Ⅲ“」では、フロントウィンドウのIR&UVカットガラスやフロントドアのUVカットガラスを標準装備しています。

衝突安全性にも配慮しサイドエアバッグとカーテンシールドエアバッグも全車に標準装備となっています。

キーシステムはスマートキーではなくキーレスエントリー方式で、エアコンがダイヤル式のマニュアルエアコン(クリーンエアフィルターつき)であるのがベースグレードであることを感じさせます。

1灯でハイビームとロービームの切り替えが可能で、従来のハロゲンランプよりもより遠くまで明るく照らし出すBi-Angle LEDヘッドランプを搭載。

省電力で燃費向上にも貢献するLEDヘッドランプをベースグレードにも標準装備しているのは評価できる部分です。

また、ステアリングホイールの角度を調整できるチルトステアリングも備えています。

ミラ トコットは軽自動車としての経済性も大切にしているため、快適機能を省くことでお手軽な価格を実現しています。

ボディカラーはモノトーン9色から選択可能です。

「L」と「L“SA Ⅲ“」の違いは、「L」は「L“SA Ⅲ“」に搭載されるダイハツの衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」とコーナーセンサーが省かれている、という点です。

「L」はとにかく価格を抑えてミラ トコットに乗りたいという方へおすすめのグレードと言えます。

 

ボディカラーの選択肢が増える「X”SA Ⅲ“」

ボディカラーの選択肢が増える「X”SA Ⅲ“」

「X”SA Ⅲ“」では、「スマートアシストⅢ」が搭載されているのはもちろん、駐車の際に後方の安全確認をサポートしてくれるバックカメラを含んだ純正ナビ装着用アップグレードパックが追加されているのもうれしいポイントです。

ボディカラーに選択肢が3色増え、モノトーン9色に加えてキャンバス地調のデザインフィルム3色から選択可能です。

リヤドアやバックドアウィンドウがスモークガラスになるほか、運転席のシートリフターも装備され、ドライブを快適に楽しむための装備が充実します。

またキーシステムも、電子キーを携帯しておけばスイッチ操作でドアの解錠や施錠、エンジンの始動ができるキーフリーシステム(スマートキー)が標準装備になり利便性が格段にアップします。

ホイールも「TOCOT」アルファベットエンブレムつきになり、ベースグレードとは異なるデザインとなっています。

スマートフォンやタブレットの充電ができるUSBソケットが2口装備されるのもうれしいポイントです。

オプションパッケージを用意

この「X”SA Ⅲ“」以上のグレードでは、ボディアンダーやホイールにパールホワイトを使用したキュートな「スイートスタイル」、ガーニッシュ類やドアミラーにメッキパーツを使用した華やかな「エレガントスタイル」、随所にブラックをあしらい都会的なクールさを演出した「クールスタイル」の3つのオプションパッケージが選択可能になります。

 

最上級グレードは充実した装備内容の「G”SA Ⅲ“」

最上級グレードは充実した装備内容の「G”SA Ⅲ“」

最上級グレードの「G”SA Ⅲ“」では、運転席と助手席のシートヒーターが標準装備になり、快適性が向上。室内にはメッキ加飾が使用され、最上級グレードならではの豪華さとセンスの良さを感じさせてくれます。

このグレードでは、車や周囲の状況を真上から見たような画像をナビ画面に映し出して、縦列駐車や車庫入れなどをサポートするパノラマモニター用カメラを含むパノラマモニター用純正ナビアップグレードパックが装備されているので、運転に慣れていない初心者ドライバーや高齢者にも優しい仕様となっているのが魅力です。

またフロントドアガラスが、99%の紫外線をカットするスーパーUV&IRカットガラスにグレードアップします。

日差しが気になる季節でも紫外線を気にすることなくロングドライブが楽しめる、女性にうれしい装備です。

エアコンはこのグレードでのみスーパークリーンエアフィルターつきのプッシュ式のオートエアコンとなっています。

加えて、ホイールはツートーンカラーのフルホイールキャップとなっています。

 

特別仕様車「G”リミテッドSA Ⅲ“」

特別仕様車「G”リミテッドSA Ⅲ“」

「G”リミテッドSA Ⅲ“」は、「G”SA Ⅲ“」をベースとして、実用性を重視し装備内容をセレクトもしくはダウングレードさせることによって「G”SA Ⅲ“」よりもお手軽な価格を実現した特別仕様車です。

「G”SA Ⅲ“」のインテリアのメッキ加飾を一部省き、フロントドアのスーパーUV&IRカットガラスをUVカットガラスに変更、エアコンのスーパークリーンエアフィルターをクリーンエアフィルターに、ホイールを「X”SA Ⅲ“」の「TOCOT」アルファベットエンブレムつきのホイールキャップにグレードダウンしています。

パノラマモニター対応純正ナビ装着パッケージやシートヒーターは魅力的だけれども、「G”SA Ⅲ“」はちょっと高額すぎる。そんな方にこの特別仕様車「G”リミテッドSA Ⅲ“」は最適です。

 

アクトジャパンのミラ トコットおすすめは「L“SA Ⅲ“」

近年の軽自動車は高級車に採用されるハイスペックなものも多く、価格も高額になっている傾向があります。中にはグレードによってはコンパクトカーよりも高額になるものも出現しています。

ミラ トコットは軽自動車としての経済性も大切にしているので、ハイスペックな軽自動車と比較すると物足りなく感じる点もあるかもしれません。

しかしながら、夜間視認性の良いBi-Angle LEDヘッドランプ、サイドエアバッグやカーテンエアバッグを標準装備し、日常生活に寄り添う車としては十分な装備を備えています。

安全のためには先進安全機能の搭載は必須ともいえるので、「L」ではなく「スマートアシストⅢ」を搭載する「L“SA Ⅲ“」がおすすめです。

予算に余裕があり、運転に不安を感じている方はパノラマモニター用カメラが備わる「G”リミテッドSA Ⅲ“」をオススメします。

 

ミラ トコットのグレード選びまとめ

ミラ トコットのグレードラインナップ

ミラ トコットのグレードラインナップは「L」「L“SA Ⅲ“」「X”SA Ⅲ“」「G”SA Ⅲ“」となっており、価格はこの順で高くなります。

加えて、「G”SA Ⅲ“」をベースに装備内容をダウングレードさせてお手軽な価格を実現した特別仕様車「G”リミテッドSA Ⅲ“」があります。

 

ミラ トコットのグレード選びのポイント

ミラ トコットでは「L」「L“SA Ⅲ“」「X”SA Ⅲ“」「G”SA Ⅲ“」グレードになるにしたがってスーパーUV&IRカットガラスやキーフリーシステム(スマートキー)、シートヒーターなどの快適装備が充実します。

またパノラマモニターやバックカメラなどの運転支援機能も追加されるので、どの程度の装備が自分に必要なのかを見極めた上でグレードを選ぶようにするといいでしょう。

 

ミラ トコットのおすすめグレード

ミラ トコットはベースグレードであっても軽自動車に求められる装備は一通りそろっています。

とはいえ、ダイハツの衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」は欲しいところなので、「L」ではなく「L“SA Ⅲ“」がおすすめです。

予算に余裕がある、運転に不安があるという方はパノラマモニターが搭載される特別仕様車「G”リミテッドSA Ⅲ“」をオススメします。

 

 

 会社概要

f:id:actjapan1929:20200531181258p:plain

お気軽にリースや残クレについてもお問い合わせください。

f:id:actjapan1929:20200602120516j:plain

ライフスタイルに合ったご提案が得意です!

f:id:actjapan1929:20200602120613j:plain

 

私たちの試行錯誤と思い

 お客様の評価を確認

f:id:actjapan1929:20200531201744j:plain

 

あなたは本体値引き派それとも支払総額派?

ローン総額を100%表示するアクトジャパンでは、保証のない未使用車のように本体値引き表示は行っておりません。

ローン総額表示による地域最安値を実現し、毎月の家計に無理のないカーライフをご提案しております。

「どうしようか?」が「よかった!」に変わる・軽の新車.com

 

www.kyasuiloan.com

 

f:id:actjapan1929:20200531181439p:plain

 

f:id:actjapan1929:20200531184134j:plain