軽の新車.com

一番乗りたい車に、無理のない支払いを

グレード選び eKワゴン編

グレード選び eKワゴン編

あれにしようか、これにしようかと車種を選ぶときには悩み続けても、車種が決まった次に待っているグレード選びにはこだわらない方も多いといいます。

実際には、グレードによって仕様が異なることがほとんどです。

自分が必要な装備や自分好みの内装、などなどグレードごとの特徴を把握せずに、セールスマンやクルマ雑誌のおすすめ記事通りのグレードを選んでしまうと、使い始めてみたら必要な装備が付いていないなど、使い勝手が悪く感じてしまうことになりかねません。

自分が描く満足のいくカーライフを手に入れるためには、自分に合ったグレードを的確に見極める必要があります。

今日は三菱「eKワゴン」のグレードについて紹介します。

 

eKワゴンのグレードラインアップ

eKワゴンに採用されるエンジンは、660ccの直列3気筒ガソリンエンジン+CVTの1種類です。

グレードは「M」と「G」の2種類で、いずれのグレードにも2WD、4WDが用意されます。

eKワゴンに採用されるパワートレインは、660ccの直列3気筒ガソリンエンジン+CVTの1種類です。

グレードごとにeKワゴンの装備内容をWATCH

ここからは、eKワゴンのグレードごとの装備内容を見ていきましょう。

ベーシックな装備内容の「M 」

eKワゴン グレードM

「M」は実用性を重視したグレードです。

日常的に使用する軽自動車としてのベーシックな装備であるカラーマルチインフォメーションディスプレイやリヤシートの分割可倒機構、盗難防止に役立つイモビライザーなどは一通りそろっています。

6スピーカーとTVアンテナ、GPSアンテナやピアノブラックのナビパネルがセットになったナビ取り付けパッケージも標準装備です。

さらに、UVカットガラス(リヤドア・リヤウィンドウはUVカット機能付きプライバシーガラス)を装備。今やナビは車にはなくてはならない存在ですので、ナビ装着用パッケージが標準装備されているのはうれしいポイントです。

エアバックシステム

予防安全技術「e-Assist」を標準装備し全車が「サポカーSワイド」に該当しているほか、カーテンエアバッグやサイドエアバッグも装備され、高い安全性を備えています。

マニュアルエアコンとキーレスエントリーが採用されていますが、近年の新型車に標準装備が多いキーレスオペレーションシステム&エンジンスイッチ(スマートキー)やフルオートエアコンなどは装備されていません。

しかし、先進安全機能やナビ取り付けパッケージを標準装備するなど、時代に合わせた装備を吟味して搭載している印象です。

なお、このグレードでは「e-Assist」のレスオプション、ナビ取り付けパッケージのレスオプションの設定があります。よりお手軽な価格でeKワゴンに乗りたいのであれば、レスオプションを活用するのがポイントです。

 

上級グレード「G 」はオプションの幅が広がる

「G」では「M」の内容にタッチパネル式のフルオートエアコン、キーレスオペレーションシステム&エンジンスイッチや、フロントガラスのIRカット/99%UVカットガラスが追加されます。

上級グレードの「G」でのみ選択できるパッケージオプションがあります。

・先進安全パッケージ
マルチアラウンドモニター(移動物検知機能付き)とデジタルルームミラー(マルチアラウンドモニター表示機能付き)がセットになったオプションです。

マルチアラウンドモニターは、周囲の状況をとらえ、車両の真上から見下ろしているような映像などをデジタルルームミラーに表示することでドライバーの死角になりやすい部分などの安全確認をサポートします。

また、車両の周囲の歩行者や走っている自転車を検知して、モニターの表示と警報音でドライバーに注意喚起します。

デジタルルームミラーはマルチアラウンドビューモニターの表示機能のほかにも、車両後方のカメラの映像を映し出す機能があり、荷室の荷物や後部座席の乗員で視界が遮られることなく後方確認できるメリットもあります。

夜間モードにすると、後続車のヘッドランプのまぶしさを軽減する自動防眩機能も搭載されています。

・先進快適パッケージ
三菱自動車初搭載である最新の運転支援技術「MI-PILOT(マイパイロット)」と、その操作用のステアリングスイッチ、電動パーキングブレーキのパッケージオプションです。

ステアリングスイッチ

「MI-PILOT」は高速道路においてシステムがアクセル・ブレーキ・ステアリング操作を支援してドライバーの運転疲労やストレスを大幅に低減し、安心してロングドライブが楽しめるようにサポートする機能です。

「MI-PILOT」

この2つのパッケージオプションが追加できるのは「G」グレードのみ。安心してカーライフを楽しめる先進機能のパッケージオプションの追加ができるのは、大きなメリットです。

 

アクトジャパンのeKワゴンおすすめグレードは「G」

「MI—PILOT」などの最新の先進機能や、より安全性の高い軽自動車が欲しいというのであれば、先進機能のパックオプションが追加できる「G」が最適です。

 

eKワゴングレード選び「まとめ」

eKワゴンのグレードラインアップは?

eKワゴンのエンジンは660ccの直列3気筒ガソリンエンジン+CVTの1種類で、用意されるグレードは「M」と「G」の2種類です。いずれのグレードにも2WD、4WDの設定があります。

eKワゴンのグレード選びのポイントはどうやったらいい?

eKワゴンはグレードによる装備内容の差が他社モデルより少ないですが、追加できるオプションに差があります。「G」ではドライバーの安全確認をサポートする先進安全パッケージや、高速道路でペダル操作とステアリング操作をアシストする「MI-PILOT」と電動パーキングブレーキのパッケージが設定されているので、オプションが必要かどうかでグレードを選択するのがいいです。

eKワゴンのおすすめグレードは?

経済性やコスパを考慮すると、基本的な機能は備えている上、三菱の予防安全技術「e-Assist」やサイドエアバッグ、カーテンエアバッグを標準装備する「M」がおすすめです。オプションの追加を考えている場合や、より高い安全性を車に求めるのであれば「G」をおすすめします。

 

 会社概要

f:id:actjapan1929:20200531181258p:plain

お気軽にリースや残クレについてもお問い合わせください。

f:id:actjapan1929:20200602120516j:plain

ライフスタイルに合ったご提案が得意です!

f:id:actjapan1929:20200602120613j:plain

 

私たちの試行錯誤と思い

 お客様の評価を確認

f:id:actjapan1929:20200531201744j:plain

 

あなたは本体値引き派それとも支払総額派?

ローン総額を100%表示するアクトジャパンでは、保証のない未使用車のように本体値引き表示は行っておりません。

ローン総額表示による地域最安値を実現し、毎月の家計に無理のないカーライフをご提案しております。

「どうしようか?」が「よかった!」に変わる・軽の新車.com

f:id:actjapan1929:20200531181439p:plain

 

f:id:actjapan1929:20200531184134j:plain