軽の新車.com

一番乗りたい車に、無理のない支払いを

グレード選び ワゴンRスティングレー編

ワゴンRスティングレーのグレード選び

新車購入の際に、車のグレード選びをおっくうに感じてしまう方は少なくないといいます。

車はグレードによって快適装備や安全装備、インテリア、ボディカラーなどそれぞれの仕様になっていることがほとんどですので、グレードごとの使い勝手や特徴を把握せずに、セールスマンから薦められたグレードなら間違いないと選んでしまうと、買ったあとで不便を感じたり、乗ってるうちに物足りなく感じたりすることにもなりかねません。

そのため、車を選ぶ際にはグレードごとの特徴をしっかりと捉えておくことがマストです。

今日はスズキ「ワゴンRスティングレー」のグレードについて紹介します。

 

 ワゴンRスティングレーのグレードラインアップ

ワゴンRスティングレーのグレードはNAエンジンを搭載する「HYBRID X」と最高出力64psを発揮するターボエンジンを搭載した「HYBRID T」の2種類です。

組み合わされるトランスミッションは2020年1月の一部改良で採用された新開発のCVTのみで、全車にマイルドハイブリッドシステムを搭載しています。

なお、駆動方式はいずれのグレードにも2WD、4WDが用意されています。

ワゴンRスティングレーのグレードごとの特徴 ここからは、ワゴンRスティングレーのグレードごとの装備内容について見ていきましょう

グレードごとにワゴンRスティングレーの装備内容をWATCH

ここからは、ワゴンRスティングレーのグレードごとの装備内容について見ていきましょう

充実した装備内容の「HYBRID X」

充実した装備内容の「HYBRID X」

ワゴンRスティングレーはワゴンRから派生したワイルドな外装を持つアップグレードエアロモデルです。

ですから、ベースグレードであっても非常に充実した装備内容となっています。

エアフィルター付きのフルオートエアコン、全面UVカット機能付きガラスやフロントガラスのIRカット機能に加え、リモコンを持ち歩いておけばそのたびにキーを取り出さなくてもスイッチ操作でドアの解錠・施錠ができ、エンジンもスイッチで始動することができるキーレスプッシュスタートシステム(スマートキー)など、最近の新型モデルに標準装備する快適装備はひと通りそろっています。

加えてオートレベリング機能付きのLEDヘッドランプやLEDポジションランプ、LEDフロントフォグランプが標準装備になっています。

また運転席のシートリフターやステアリングホイールの位置を調節できるチルトステアリングも装備されており、運転席にはシートヒーターが標準装備。

大人4人が乗車しても、後席でゆったりと足が伸ばせるゆとりのある空間

4WD車には助手席にもシートヒーターが追加されます。また小柄な方でも安心して自分に合ったドライビングポジションが確保できる仕様になっています。

リヤシートは独立してリクライニングやスライドが可能な上、簡単に倒せる分割可倒式ワンタッチフォールディングリヤシートを採用しているので、座席アレンジも自由自在です。

スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」も全車に標準装備されており、「サポカーSワイド」の認定に必要な先進安全機能はすべて搭載しています。

足回りは155/65R14ラジアルタイヤに14インチのアルミホイール。バッファローの角をイメージしたようなヘッドライトが印象的な押し出しの強いワゴンRスティングレーの足元にはやはりアルミホイールが似合います。

ボディカラーはモノトーン6色から選択可能です。

 

ターボエンジンが搭載される「HYBRID T」

ターボエンジンが搭載される「HYBRID T」

「HYBRID T」は、ワゴンRの中で唯一ターボエンジンを搭載しているグレードです。

ターボエンジンの動力性能を活かす走りをするための装備が「HYBRID X」に追加されているグレードです。

このグレードにはパドルシフトを装備、マニュアル感覚の走りを楽しめます。

そのほか、フロントのブレーキに放熱性と制動性に優れたベンチレーテッドディスクブレーキを採用しているのが特徴です。

タイヤもターボエンジンのパワーのある走りを足元からしっかりと支えるために、165/55R15ラジアルタイヤにアルミホイールが組み合わされたセッティングになっています。

さらに、クルーズコントロールシステムが装備されていますので、アクセルペダルを踏み続けなくても設定された速度を自動でキープして、高速道路や自動車専用道路でのドライバーの負担を減らし、ロングドライブも余裕をもって楽しむことができます。

このほか、側方からの衝撃を緩和するサイドエアバッグとカーテンエアバッグが標準装備になります。

ボディカラーの選択肢は「HYBRID X」と同じです。

アクトジャパンのワゴンRスティングレーのおすすめグレードは「HYBRID T」

ワゴンRスティングレーはNAエンジンの「HYBRID X」であっても、軽自動車として必要な装備は一通りそろっています。

安全性能に関しても「サポカーSワイド」の認定に必要な機能はすべて搭載しているなど、全体的に装備が充実したモデルです。

しかし、動力性能に優れたターボエンジンを搭載する「HYBRID T」には、「HYBRID X」を超える魅力があります。

加えて「ハーテクト」と呼ばれる軽量高剛性の新プラットフォームと新開発のCVT、そして最高出力64psを発揮するターボエンジンを搭載した「HYBRID T」は操縦安定性や加速性能に優れています。

個人的には、その走りはコンパクトカーにも負けていません。

この車の魅力を存分に味わえる「HYBRID T」がおすすめグレードです。

 

ワゴンRスティングレーのグレード選び「まとめ」

ワゴンRスティングレーのグレードラインアップ

ワゴンRスティングレーのグレードは、NAエンジンを搭載する「HYBRID X」とターボエンジンを搭載する「HYBRID T」の2種類です。

組み合わされるトランスミッションはCVTのみで、いずれのグレードにも2WD、4WDの2つの駆動方式の設定があります。

 

ワゴンRスティングレーのグレードを自分好みに選ぶやり方

ワゴンRスティングレーでは、グレードによって搭載されるエンジンが異なります。

そのためターボエンジンにするか、NAエンジンにするか、いづれかを決めると自ずとグレードは決まってきます。

高速道路を走る機会が多い方や余裕のある走りを求める方はターボエンジンを、市街地での日常的な使用がメインで走行性能にこだわらないのであればNAエンジンを選ぶのが最適です。

 

ワゴンRスティングレーのおすすめグレード

ワゴンRスティングレーはワゴンRの上級エアロモデルという位置付けの車種であり、全体的に装備内容は充実しています。

「HYBRID X」は軽自動車としては十分な装備内容を備えていますが、「HYBRID T」の走行性能の高さは特筆すべきものがあります。

ワゴンRスティングレーならではの魅力を味わうのであれば「HYBRID T」がおすすめグレードです。

 

会社概要

f:id:actjapan1929:20200531181258p:plain

お気軽にリースや残クレについてもお問い合わせください。

f:id:actjapan1929:20200602120516j:plain

ライフスタイルに合ったご提案が得意です!

f:id:actjapan1929:20200602120613j:plain

 

私たちの試行錯誤と思い

 お客様の評価を確認

f:id:actjapan1929:20200531201744j:plain

 

あなたは本体値引き派それとも支払総額派?

ローン総額を100%表示するアクトジャパンでは、保証のない未使用車のように本体値引き表示は行っておりません。

ローン総額表示による地域最安値を実現し、毎月の家計に無理のないカーライフをご提案しております。

「どうしようか?」が「よかった!」に変わる・軽の新車.com

 

www.kyasuiloan.com

 

f:id:actjapan1929:20200531181439p:plain

 

f:id:actjapan1929:20200531184134j:plain