軽の新車.com

一番乗りたい車に、無理のない支払いを

マイカーリース社内資料

f:id:actjapan1929:20200525105813p:plain

 

今日はアクトジャパンが2年前まで強化していたマイカーリース社内資料をベースにそのときのことをお話します。

 

 

コミコミで分割だから楽!

一言で言えば、契約期間を決めてクルマを貸し出す(リースする)サービスです。

5年、7年後のリース期間終了時、その車両の買い取り査定価格=下取り価格がどのくらいになっているかを予め予測して価格を試算し、その金額を残価として設定し、車両本体価格から予め差し引きます。

上記の「車両本体価格-残価設定価格」に納車費用、登録諸費用、毎年の自動車税などの諸経費とさらに、3年後、5年後に車検がありますので、その車検費用とメンテナンス代、さらに自賠責保険や印紙代などを合算した金額をユーザーは数年に分割してリース会社に支払います。

つまり簡単に表現するなら、軽自動車の新車価格が200万円でリース期間終了時に80万の残価(査定価格)が付くと予測するなら、「200万円-80万円」=120万円で乗り出せるという事です。

そしてリース期間が終了時に返却するか、買い取るか、再リース契約するかを選択する事ができます。

メリットを並べると

初期費用が安い

新車に乗る際に初期費用が安いことは大きなメリットです。

カーリースは基本的に頭金、つまり初期費用がゼロ、ローンで車を購入する際に必要な法定費用や諸費用など、初期費用もリース代にすべて含まれています。

月々の支払額がローンで買うのと比較して安い

カーリースは、新車車両本体価格をすべて支払うわけではありません。

そのためにローンと比べると月々の支払額が安くなります。

 

f:id:actjapan1929:20200524150109j:plain

N-BOX 買取価格 価格コム

それは残価設定価格があるからです。上記のようにあらかじめ下取り価格を決める事をカーリース会社は「残価設定価格」と表示しています。

カーリース料金を分割で支払うために、契約終了月までは月々の支払い金額が普通にローン購入した場合よりも安く済むメリットにカーリースを選択するお客さまは魅力を感じています。

ただし、支払い総額は一般的なローンよりも多く払う事になる上に、最終支払日に残価設定額を全額支払わなければならないといったデメリットがあります。

リース料に維持費が含まれているから安心

車を所有すると、毎年の自動車税、3年後、5年後、以後2年毎の車検費用、また車検時には自動車重量税自賠責保険料、印紙代金の支払いをしなければなりません。

このような維持費はリース代に含まれているので、突然大きな出費が発生することがありません。基本的には、リース代の他に必要となるのは、走行するためのガソリン代だけになります。

定期的なメンテナンスである、エンジンオイルの交換やバッテリーの交換といった定期的なメンテナンスが必要ですが、メンテナンスリースの場合は、リース料金に含まれていますので一時的な出費はなくなります。

ただし、車体の傷や汚れなどで車両売却価格が残価に満たなければ、不足分を現金で支払う必要があったり、修復不能なレベルの事故を起こすと、強制解約になる場合もあるので、注意が必要です。

自由に選べる、自分好みの車種やグレード

車を購入するときと同様、カーリースであっても自分好みの車種、グレードを選ぶことができますので、人気色じゃない特殊なボディカラーなども自由に選べます。

それだけでなくメーカーオプション・デーラーオプションまで自分で選ぶことができますので、カーリースは欲しい車を購入することが可能です。

カーリースの車をカスタマイズすることは基本的にできません。もし車をカスタマイズした場合は、車を返却するときにカスタマイズしたパーツを取り外して、元の状態に戻さねばなりません。つまり、もともと装着されていた純正のパーツを保管しておく必要があります。

車の買取可能なカーリース契約もある

カーリースの車は契約期間が終了するとき、原則として車を返却しなければいけませんが、買取可能なカーリース契約があります。 

MIC「定額ニコノリパック」

f:id:actjapan1929:20200524160718j:plain

定額ニコノリパック|MICHPより引用

定額ニコノリパックでは、リースの契約期間が終われば「車を返却するか新しく別の車に乗りかえる」「リース期間を延長して同じ車に継続して乗る」「車を買い取って自分のものにする」の3つから選びます。車を買取る場合は残価分を支払えば自分の所有物にすることが可能です。

 

ロータス「新車生活」

f:id:actjapan1929:20200524160816j:plain

ロータス「新車生活」HPより引用

新車生活では5年契約のリース契約期間が終われば、「別の新車に乗りかえる」「車を返却して契約を終了する」「契約期間を延長して同じ車に乗る」「車を買取る」の4つから選ぶことが可能です。車を買取りするときは残価分を支払う必要があります。

 

オリックス自動車「マイカーリース」

f:id:actjapan1929:20200524160850j:plain

オリックス自動車「マイカーリース」

 

イカーリースは5年・7年・9年の契約期間を設定していますが、5年契約の場合は契約期間が終わっても車を買取ることができません。7年・9年契約の場合のみ、車を返却するか、車を自分のものにするかを選ぶことができます。

 

 カーコンビニ「もろコミ」

f:id:actjapan1929:20200524160929j:plain

カーコンビニ「もろコミ」HPより引用

もろコミのカーリースは7年・9年契約があり、一般的なカーリースのように残価設定がありません。リースの契約期間が終了すると車が自分の所有物になります。残価設定額「ゼロ」のため、車が自分のものになります。

 

予め知っておく必要があること

残価設定は買取価格相場よりも安い

リース会社は「いろいろな状況を検討し最低な場合」を予測します。

カーリースの残価設定額よりも、一般的な方法で新車を購入し数年後、買取に出した方がほとんどの場合で高い査定額が付けられます。

例えばホンダN-BOXの場合、人気グレード『GLパッケージ』の新車価格がおよそ170万円となりますが、走行距離3万キロ未満の場合7年後およそ50万円くらいの買取り価格が付きます。

7年間で3万キロですから、年間4千キロ、月間300キロのユーザーの場合です。

しかしそれに対し、カーリースの残価設定は30万~40万円とカーリース会社にとって安全な、ユーザーにとっては安値を付けられてしまいます。

なぜか、カーリース各社のページを見ても残価設定価格の記載がなかなか見当たりません。残念ですが意図的に分かりにくくしているのでしょう。

f:id:actjapan1929:20200524144003j:plain

コマーシャルでよく見る「出光オートフラット」

カーリースの残価設定の方が安い理由

カーリース会社は「最低でも赤字が出ない買取価格」を予測し、どんなことがあっても損をしないように残価設定を試算します。

カーリース会社は当然ユーザーのクルマに対しての「乗り方」「扱い方」を一台、一台個々に予測することは出来ません。

ユーザーによっては乱暴な運転をする人かもしれませんし、下手したらリースした次の日に全損事故を起こすかもしれません。

そんな人たちが全員契約通りに沿った安全運転で、しかも事故後にきちんと弁償してくれる人たちだけなら「リスクを見込んだ残価設定」をしなくても良いのです。

しかし実際には、借りたクルマの運転は、愛車とは違った、多少乱暴な運転に鳴りがちです。

そんなリスクを考慮し、弁償されない場合の損金分を見込んだ残価設定をする必要があり、その結果、リース会社が損をしないように安い残価設定になってしまいます。

 

私達は、マイカーリースを販売するうえで、残価設定価格の恐ろしさについて一抹の不安を感じながらも、販売を続けることにしました・・・。

 

今日はアクトジャパンがマイカーリース「スーパー乗るだけセット」を販売していたときの社内資料の一部を解説しました。

 

現在のアクトジャパンは

ローン総額を100%表示するアクトジャパンでは、保証のない未使用車のように本体値引き表示は行っておりません。

ローン総額表示による地域最安値を実現し、毎月の家計に無理のないカーライフをご提案しております。

「どうしようか?」を「よかった!」に変える・軽の新車選び.com

  今すぐLINEで、スッキリ解決

www.kyasuiloan.com

f:id:actjapan1929:20200417113439p:plain

アクトジャパン LINE登録