軽の新車.com

一番乗りたい車に、無理のない支払いを

カーリース  毎月、支払いの安さで選ぶリスクを知っておこう

f:id:actjapan1929:20200518183908j:plain


 

 カーリースはオートローンとどう違うのですか?

車を購入して毎月ローン会社へ支払うのではなく、カーリースを使用すると、基本的にリース会社との契約で車を賃貸してその利用料金を毎月支払うことになります。

それらは似ているように聞こえるかもしれませんが、購入は車を所有し(現金またはローンで資金調達)、もう1つは車を借ります(リース)。リース契約が終了すると(2019年の主流は、日本では個人向けカーリースは7年または9年)、車をリース会社に返却します。

なぜ人々はローンにするかリースにするか悩むのでしょうか?

それはリースの場合、車を数年ごとに乗り換えることができるからです。

アメリカと日本のリース契約年数の違い

アメリカの場合はカーリースは2~3年の周期で新型モデルに乗り換える人向け。ローンは長期で12年なので、カーリースにするか購入(ローン)して所有するかの選択が明確に違います!

 

 

f:id:actjapan1929:20200504141451j:plain

アメリカではカーリース期間が2~3年|新車のABCD アクトジャパン

 

カーリースの購入目的が変化してきた日本

日本の場合、従来は5年リースが主流でしたが、月々の支払金額を抑えるために、7年や9年に移ってきています。

5年毎に新型モデルへ乗り換える人向けから、毎月の支払いを低く抑える人向けに進化しています。

f:id:actjapan1929:20200504142529j:plain

カーリースの仕組み|新車のABCD アクトジャパン

カーリースは車両を所有することはありませんが、5年から10年のローン契約に囚われることもありません。

リースは購入ではありません。多くの人は、車のリースが3年から5年で車の半分を購入していることを意味すると考えています。

リース期間が長くなることで誰もが気づかないこと

それは、リースの強みであったクルマの残価がほとんど無くなることですが、カーリース会社ではこのことを逆手に「9年経ったらクルマがもらえる画期的なカーリース!」とキャッチフレーズを掲げている会社もあります。

カーリース終了時に煩わしさがやってくる

例えば5年リース終了後、クルマを返却するか、クルマを買い取るか、再リースするかの選択をしますが、返却の場合は一番問題になるのがクルマを借りた状態に戻す「原状回復義務」決して現状ではないところがやっかい。

この費用は外装・内装を綺麗にしなければいけない義務で、10万円を超す見積もりが多く、顧客とリース契約店の間でいざこざが起こる原因のナンバーワンになっている。

それなら再リースにするか、買い取りますとなるが、再リースは思ったほど安くはならず、買い取りはリース料金を安くして残価を高くした新車時のツケで、これも5年落ちのクルマよりも高く買い取ることになる。

この時初めて顧客は気づく。全部合わせるとものすごく高い買い物だったと・・。

f:id:actjapan1929:20200504144004j:plain

カーリース契約時点の笑顔はどこへ|新車のABCD アクトジャパン

カーリースにするか、それともローンにするか

ご自分が希望するクルマ購入額、毎月の車維持費にかける予算額をご相談いただければ、最適ないくつかのプランをご提案できます。

 

f:id:actjapan1929:20200413165432p:plain


ご安心下さい

私達は創業100年の信用で、お客さまに最適な購入方法をプロの立場からアドバイスしています。

actjap.net