軽の新車.com

一番乗りたい車に、無理のない支払いを

④ケイカフェの見積もりから見た価格と内容のバランス

f:id:actjapan1929:20190706171858j:plain

 

 

f:id:actjapan1929:20200213130103j:plain

f:id:actjapan1929:20200213130119j:plain

ケイカフェの新車保証費用(33,000円)や登録諸費用(158,000円)はディーラーと比べても説得性が低く納得行くものではない。

2020年8月現在 ケイカフェ新車保証費用が値上げされました。39,800円

 

 純正品でもないフロアマットにドアバイザーなどで7万円弱

手続き費用26万円から登録手続費用と自賠責・重量税・リサイクル費用などの法定費用を差し引くと残りが69000円になる。

2020年8月現在 ケイカフェ手続費用が値上げされました。270,000円

 

内訳

新品フロアマット
新品ドアバイザー
ボディコーティング
オイル交換6回無料券

新品フロアマットはメーカー純正品で約2万円、ドアバイザーも純正品で約2万円なのでケイカフェオリジナルも同じ価格ぐらいになっていることが伺える。

社外品と言われるものの価格は高いもので半額並みなのでマットとバイザーで2万円ぐらいではないだろうか。

これまでの記事でケイカフェの不思議は

不思議その1

109万円の未使用車に保証は無し 

       登録諸費用15.8万円 

不思議その2

新車保証費用 33000円 でもディーラーは8,800円~12,000円

2020年8月現在 ケイカフェ新車保証費用が値上げされました。39,800円

お客様がAプラン諸費用26万円のうち新車継承だけをリクエストしたら、それだけは選択できなくて26万円プランのなかに新車保証が含まれているとの説明だったとのこと。しかも保証修理受付手数料はその都度4000円 ディーラーなら無料

不思議その3

登録諸費用(3.3万円)プラス法定費用(約5万円)が何故か15.8万円 7.5万円の差額内容は不明

 

価格と内容のアンバランスさ、不透明さを感じてしまうのはお客様だけか

お客様は価格と内容のアンバランスさや不透明さに不信を抱くようになってしまった。

f:id:actjapan1929:20200213072855p:plain

少しおさらいしてみよう スペーシアG新車なら本体価格136万円

スペーシアGの新車価格136万円

この展示車は登録済み未使用車(2018年11月新車登録ナンバー付与)、走行20キロ

クルマ本体価格109万円

登録諸費用 新車継承をお願いすると諸費用26万円で総額136万円

 

f:id:actjapan1929:20200213115133j:plain

自社保証Aプラン支払額135.9万円・・・・約1年4ヶ月前に登録された未使用車

これをどう捉えるか

ローン手数料は馬鹿にならない

さらにこれだけではないローンマジックがケイカフェにはあった。

8.99パーセント8年ローンとディーラーの4.9パーセントローンとは僅か4%の違いと説明されたお客様は「たった4%の違いなら10万ぐらい違うのかな」と勝手に思い込んでしまっていた。

⑤ケイカフェとディーラー、金利による支払総額の差へ続く

会社概要

f:id:actjapan1929:20200531181258p:plain

お気軽にリースや残クレについてもお問い合わせください。

f:id:actjapan1929:20200602120516j:plain

ライフスタイルに合ったご提案が得意です!

f:id:actjapan1929:20200602120613j:plain

 私たちの試行錯誤と思い

 お客様の評価を確認

f:id:actjapan1929:20200531201744j:plain

 

あなたは本体値引き派それとも支払総額派?

ローン総額を100%表示するアクトジャパンでは、保証のない未使用車のように本体値引き表示は行っておりません。

ローン総額表示による地域最安値を実現し、毎月の家計に無理のないカーライフをご提案しております。

「どうしようか?」が「よかった!」に変わる・軽の新車.com  

f:id:actjapan1929:20200531181439p:plain

 

f:id:actjapan1929:20200531184134j:plain 

 


アクトジャパン株式会社 2029年 100年企業