軽の新車.com

一番乗りたい車に、無理のない支払いを

ミニカーやスモールカーを、なぜ日本だけは軽自動車と呼ぶのか?

周りの人たちはみなさん「軽、軽」と呼びますが、なぜ同じ自動車なのに、軽自動車と普通車で分けられているのでしょうか?

 

実は軽自動車っていうカテゴリは、日本独自のカテゴリなんです!外国で軽自動車って言っても、「What?」って感じなんです(笑)

 

外国の自動車メーカーにももちろん軽自動車並みの車はたくさんありますが、それはあくまでも普通車扱いです。

f:id:actjapan1929:20190629114034j:plain

 

では、なぜ日本では軽自動車というカテゴリがつくられているのでしょうか?

 

軽自動車は実は四輪自動車だけを指すのではない

年配の方は、軽自動車のことを「軽四輪」とか「軽四」という言い方をすることがありますが、これは軽自動車は法律上、下記のような車両が当てはまるとされています。

 

軽自動車に該当する車両

排気量660cc以下の三輪自動車

排気量660cc以下の四輪自動車

125cc超250cc以下の二輪車(バイク)

 

実は軽自動車の意味を厳密にいうと、四輪自動車だけでなく、三輪自動車や二輪車も入ってきてしまうのです。だから年配の方は、あえて「軽四」という言い方をするのです。

 

しかし、現在三輪自動車なんて走っていませんし、軽自動車といえば排気量660cc以下の四輪自動車のことを指しますので、「軽四」という言い方は死語になりつつあります...。

 

軽自動車というカテゴリがなぜ作られたのか?

軽自動車は日本独自のカテゴリであると申し上げましたが、道路運送車両法施行規則という法律で決められています。

 

軽自動車で決められた規格は下記のようなものです。

 

軽自動車の規格

全長3,400mm(3.40m)以下

全幅1,480mm(1.48m)以下

全高2,000mm(2.00m)以下

排気量660cc以下

定員 4名以下

貨物積載量 350kg以下

 

上記規格を1つでも超えてしまうと、軽自動車ではなく普通車扱いになってしまうのです。

 

ボディサイズや規格が普通車よりも小さいので、小さい=軽いということで、軽自動車と呼ばれるようになりました。

 

さて、軽自動車はもともと日本の細くて狭い道路をスイスイ走るための自動車として、庶民向けに発売されました。

 

まだ車を所有している人が少ない時代でしたから、ボディサイズや排気量の規格を普通車よりも劣る設定にする代わりに、税金や保険料などの維持費を安く設定しました。

 

つまり、日本の道路交通事情に最適であり、庶民でも手軽に買える自動車として、軽自動車が生まれたのです!

 

しかし一家に一台車を所有できるようになった現代においても、維持費の安さという恩恵は現在も引き継がれているので、3台に1台が軽自動車という人気ぶりなのです!

軽自動車の規格・大きさ

軽自動車のイメージは、小さい自動車、黄色ナンバーの自動車といったことしか知らない人も多いと思います。

 

こちらのイメージは間違ってはいないのですが、軽自動車の中にはナンバーがついていないと「え?これ軽自動車」と驚いてしまうぐらい大きく感じる車種もあります。

 

では、具体的に軽自動車の規格・大きさはどのようになっているのでしょうか?詳しく見ていきたいと思います!

f:id:actjapan1929:20190629114353g:plain

 

排気量660cc以下

全長3.4m以下・幅1.48m以下、高さ2.0m以下

 

軽自動車の規格は上記のように法律で決められています。この2点わかっていれば、個人レベルではokです。

最近の軽自動車はこの規格いっぱいに設計して、室内を広くしたものが多いです。

 

最近の軽自動車は四角い感じのフォルムのお車種が多いですが、決められた規格の中で室内空間をできるだけ広げようと思うと、どうしても四角い感じのフォルムになってしまいますが、これはこれで軽自動車っぽくていいかなと思います(^^)

 

他にも軽自動車ではないですが、排気量が660cc以上2000cc以下の車は、小型自動車(コンパクトカー)という分類になり、排気量2001cc以上になると、普通自動車の分類になります。

 

ちなみに、最近人気のボディサイズ・室内空間ともに大きな軽自動車は、1BOXタイプやスーパーハイトワゴンタイプの軽自動車になります。

f:id:actjapan1929:20190629114458j:plain

排気量660cc以下

全長3.4m以下・幅1.48m以下、高さ2.0m以下

 

軽自動車の規格は上記のように法律で決められています。この2点わかっていれば、個人レベルではokです。

最近の軽自動車はこの規格いっぱいに設計して、室内を広くしたものが多いです。

 

最近の軽自動車は四角い感じのフォルムのお車種が多いですが、決められた規格の中で室内空間をできるだけ広げようと思うと、どうしても四角い感じのフォルムになってしまいますが、これはこれで軽自動車っぽくていいかなと思います(^^)

 

他にも軽自動車ではないですが、排気量が660cc以上2000cc以下の車は、小型自動車(コンパクトカー)という分類になり、排気量2001cc以上になると、普通自動車の分類になります。

 

ちなみに、最近人気のボディサイズ・室内空間ともに大きな軽自動車は、1BOXタイプやスーパーハイトワゴンタイプの軽自動車になります。

規格サイズ内で進化を遂げる軽自動車

エンジンは燃費もパワーもアップ!

軽自動車の開発競争はライバルメーカーとの間はもちろん、この軽自動車に定められた規格との格闘でもあります。

 

排気量660cc以内でどれほどのパワーを出せてしかも燃費効率を高められるか、小さなボディサイズの中でどれほどの車内空間を広げられるか、この2つの命題は軽自動車開発において常に最優先され、その結果、軽自動車の性能は飛躍的に高まりました。

 

エンジン排気量の制限である660ccは、すでに小型車や普通車に比べた時のウィークポイントではありません。

 

現在、エンジン開発の研究が進んだことから燃費を重視したエンジンはダウンサイジングの方向に向かっており、とくに欧州車は普通車サイズでも排気量1.0Lを下回る車種が目立ってきています。

 

たとえば全長約3.5m、全幅約1.6mと日本の軽自動車よりも一回り大きいフィアット500は2気筒で875ccのエンジンを搭載、日本では3ナンバー規格となるルノーのルーテシア・ゼンは全長約4.0m、全幅約1.7mもありながら、軽自動車と同じ直列3気筒で排気量0.9Lのエンジンを搭載しています。

 

軽自動車の燃費効率型はガソリン車の中でトップクラスのJC08モード記録を持ち、パワー型はターボチャージャーを装着して1.0Lエンジンに匹敵するトルクを発生していることを考えれば、660ccという排気量は日本の軽自動車規格の中では十分な性能を発揮できるエンジンに成長しているといえます。

f:id:actjapan1929:20190629114619j:plain

小型車ミニバンと同じ全高のモデルも登場!

車内の空間確保はエンジンの性能向上よりも難しいテーマです。ボディの全長や全幅が決められているので、車内空間はそれ以上拡げることができません。そこで各メーカーは車内の高さを求める方向で開発を進めてきました。

 

その典型的なモデルがスーパーハイトワゴンです。全高1.7mを超す軽自動車をこのカテゴリーで表しますが、現在、もっとも全高が高いモデルはダイハツのウェイクで1835mm、ほぼ小型車ミニバンと同じ高さにデザインされています。

f:id:actjapan1929:20190629114705j:plain

 

軽自動車は全幅が小型車ミニバンに比べると狭いので、全高が高くなれば当然、コーナリングの安定性が悪くなりますが、ダイハツはサスペンションの強化、ボディを路面に押さえつける空力性能、低い重心位置などを設計に取り入れ、コーナリングの安定性だけでなく直進安定性まで高めています。

 

ライバル社のスズキやホンダも車内空間を確保するための独自技術を持っており、全幅以外では小型車のユーティリティ性能に引けを取ることはありません。近距離ドライブを主な目的としているのであれば、軽自動車はとても便利な車なのです。

軽自動車のボディサイズ。全長・全幅・全高の制限

f:id:actjapan1929:20190629114814j:plain

軽自動車は税制で優遇される反面、ボディサイズや排気量が決められており、小型車や普通車のカテゴリーを侵害しないような措置が取られています。

 

軽自動車規格は日本独自で、海外ではスマートのようにボディサイズが軽自動車以下であっても排気量が1Lなど、ボディサイズと排気量は自由に決めることができます。

 

軽自動車は日本のガラパゴス現象と言えますが、この厳しい規格があったからこそ、軽自動車は長い歴史を経て発展してきたといえます。

軽自動車の決められた寸法

軽自動車は「軽」と呼ぶくらいなので、ボディサイズは小さく設計されています。これは法律で決められており、軽自動車のボディサイズには下記のような制限があります。

 

軽自動車ボディサイズ制限

全長3400mm以下

全幅1480mm以下

全高2000mm以下

 

この内、どれか1つを1mmでも超えると、軽自動車ではなく普通車に分類されてしまいます。これはボディサイズの制限ですが、軽自動車には他にもエンジンの排気量が660cc以下という制限もあります。

 

現在軽自動車の中で人気のボディタイプは、スーパーハイトワゴンタイプやセミトールワゴンタイプの軽自動車ですが、どちらも軽自動車の規格に収まる範囲内で、できる限り室内空間を広くするため、規格ギリギリまでボディサイズを拡大しています。

 

特に全長と全幅はギリギリまで拡大している車種が多く、現在販売されている軽自動車のボディサイズは、全長3395mm・ 全幅1475mmとなっている車種がほとんどです。

 

この中で、軽自動車でネックになっているのが、1475mmという全幅で、全長と全高はそれほど気にならないのですが、全幅は、運転手がドアに肘が当たってしまうなど、不満がでてくることが多い部分なのです。

 

普通車の中でも小型の5ナンバーの規格は、全長4700mm、全幅1700mmとされており、5ナンバーサイズの小型車でも全幅は1695mmとギリギリまで拡大しているので、軽自動車の全幅1475mmというサイズは、かなり小さいことがわかります。

f:id:actjapan1929:20190629114928j:plain

 

そのため、軽自動車のボディデザインは普通車のそれに比べると、車体側面がキュッと細くなったようなボディデザインにせざる負えなく、それが軽自動車らしいフォルムを与えているのです。

 

それでも最近はかなり改善されていて、昔の軽自動車は運転するときに窓を開け、外に肘を放り出すスタイルで運転する人が多かったのですが、最近では、肘が当たらないような工夫がされており、快適性もかなり向上しています!

 

軽自動車メーカーの涙ぐましい努力が見られる部分です。

各メーカーの革新的技術が軽自動車の隆盛を作り上げた

軽自動車の規格は道路運送車両によって定められていますが、現行サイズになるまで、2回の改正がありました。

 

国民車開発目的の当初は排気量が360cc、全長2.8m、全幅1.0m、高さ2.0mと定められていましたが、軽自動車の車検制度が始まった1975年には排気量が550ccに引き上げられ、全長は3.3m、全幅は1.4mに改められました。現行に改正されたのは1996年からです。 

 

軽自動車規格が現行サイズになっても、軽自動車は2BOXハッチバックスタイルかエンジンを座席の下に配置、主に商業ベースで利用されるキャブオーバー型が主流で、セカンドカーや商業車といったイメージが強かったのですが、その主流を大きく変えたのがスズキのワゴンRです。 

 

エンジンを前方に置いて前輪を駆動させるFF方式のまま、全高を上げてフロアパネルを二重構造にし、座面を高くすることで乗員が足を曲げず、窮屈にならない車内空間を実現させました。 

 

ワゴンRはその後の軽自動車でスーパーハイトワゴンというカテゴリーを作っただけでなく、小型車や普通車にもミニバンという分野を作るきっかけにもなりました。

 

f:id:actjapan1929:20190629115040j:plain

 

スーパーハイトワゴンでは遅れを取ったダイハツですが、2003年に入ってホイールベースを2440mmまで拡大、全高1700mmとなるスーパーハイトワゴンのタントを発売、車内空間をさらに拡大させる軽自動車を開発します。 

 

タントは車内空間が広いだけでなくセンターピラーを取り払って乗員の乗降と荷物の積み下ろしを簡単にしたミラクルオープンドアを採用、ユーティリティ性を高めています。 

 

ダイハツやスズキの後塵を拝していたホンダは小型車のフィットで成功したセンタータンクレイアウトをN-BOXに採用、一時はスズキ、ダイハツを抜いて売上台数トップに輝いたこともあります。 

 

軽自動車の規格は確かに足枷となりますが、その規格があったからこそ各メーカーが少しでも快適性と走行性を高めようと努力した結果、今日の軽自動車販売好調成績があるといえます。

軽自動車のエンジン排気量は660cc・64psが上限!自主規制

軽自動車を購入する際は、軽自動車の燃費やサイズなどなど、さまざまなスペックを詳しく比較してみる方も多いと思いますが、現在販売されている軽自動車のほとんどが、エンジンの排気量が660ccとなっています。 

 

また、最高出力(ps)の方は、50ps台が多いですが、動力性能を高めたターボ車だと、64psとなっています。

 

 エンジンの排気量が660ccがほとんどなのは、軽自動車は法律により660cc以下であることが条件となっているからです。その代りに、税金面での優遇措置が受けられます。 

このような理由から、現在の軽自動車は、法律の枠内でおさまる最大の排気量として、660ccの車種がほとんどなのです!

 

f:id:actjapan1929:20190629115433j:plain

軽自動車の最高出力(ps)の自主規制

次に、最高出力(ps)の方ですが、軽自動車はターボ車であっても64psを上限としています。それ以上のパワーのあるエンジンは、市販されている軽自動車では販売されていません!技術的にはもっとパワーのあるエンジンは十分に市販可能なのに、あえて64psを上限にしています。

 

これは自動車メーカーが自主規制しているためです。自主規制というのは、自動車メーカー同士が「軽自動車のエンジンパワーは、64psまでにしましょうね~。」と、自分たちで取決めているということです。

 

普通に考えると、エンジンのパワーはあればあるほど良いので、軽自動車であっても80psとか100psあった方がいいんです。しかしあえてそれをしません!

f:id:actjapan1929:20190629115555j:plain

 

その理由は、軽自動車が受けている、"税金面での優遇措置"があります!

 

軽自動車は重量税が2年で7,600円。軽自動車税は1年で7,200円です。普通車の例えば小型車のマーチであれば、重量税が2年で16,400円。自動車税は1年で34,500円となります。

 

どうです?全然違うでしょ?軽自動車の方が圧倒的に税金が安く優遇されているのです!

 

さて、話は戻りますが、軽自動車がエンジンのパワーを64psまでを上限としている理由が、税金面での優遇措置にあると申し上げましたが、例えば普通車(コンパクトカー)のヴィッツの最高出力(ps)は、69psです。

 

ヴィッツは69psですが普通車ですから、高い税金を払う必要があるのに、軽自動車は64psでも軽自動車なので、税金は安くで済むのです!

 

こうなると、「パワーがほとんど変わらないんだったら、軽自動車枠っていらないんじゃない?それでもっと税金とろうよ。」っていう意見がでてきます。実際に現在でも軽自動車の税金優遇措置を廃止しようという議論は続いています。

 

もし軽自動車の税金優遇措置が廃止されたら....軽自動車の大きな魅力の1つである税金の安さがなくなりますから、軽自動車があまり売れなくなります。

 

すると、スズキやダイハツなどの軽自動車をメインに製造販売している自動車メーカーは困りますね。だから、メーカー同士で64psくらいで抑えとこうよっていうことで、自主規制をしているのです!

 

もちろん他にも、軽自動車はボディが薄くて軽いので、事故をしたときに危ないからとかいろいろな理由がありますが、やはり、1番の理由は税金の優遇措置なんです。

 

現在は軽自動車のボディサイズも、規格ギリギリまで大きくなっているので、660ccという排気量ではボディサイズからみると物足りない印象を受けますが、例えば800ccにしてしまうと、これもまた「軽自動車っていらないんじゃない?」とか言われてしまうので、これもなかなか難しいようです。

 

一口に660cc、64psといっても、いろいろな大人の事情があるんですね~

 

参考になりましたでしょうか?

 

お問い合わせはこちらからどうぞ

f:id:actjapan1929:20200325174336j:plain